読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじいちゃん、おばあちゃん

 

 

こんちゃっす

 

これからの日本ってのは

おじいちゃん、おばあちゃんになっても働きます

 

なんでかっていうと少子化の勢いが衰えず、

労働力人口が減少するからです

 

なので安倍首相は「一億総活躍社会」という名目で、

新三本の矢を掲げました。

 

①希望を生み出す強い経済

②夢を紡ぐ子育て支援

③安心につながる社会保障

 

これらの最大の目的って

経済成長を妨げる「少子高齢化の解消」です

 

しかし「ニッポン一億総活躍プラン」では、「新たな第一の矢による成長の果実なくして、新たな第二の矢と第三の矢を放つことはできない」としてます。

 

つまり、少子高齢化を解消することで経済成長を図るのではなく、さらなる経済成長を達成することで少子高齢化を解消していくのです。

 

なのでこれらの政策は、母親や子ども、高齢者などの当事者を対象としたものではなく、サプライサイドの強化。政府の狙いってのは、育児、介護のサービスの供給量を増やすことで、女性、中高年や高齢者の社会参加を促進し、労働力人口を底上げすることです。

 

 

これがリアルです。

夫婦で70歳になっても働きますよ。

 

嘘だと思うなら、そう思っていればいいと思います。

苦労してください。

 

事態は深刻ですので、早めの対策を。

 

 

 

 

 

 

adiós